>TOP >イーベックの強み >開発環境・開発体制

開発環境・開発体制

イーベックの開発体制

研究員6名・研究技術員5名が抗体開発および抗体技術の革新に取り組んでいます。毎週一度の研究開発会議により、常に開発方針の修正を図りながら、開発を進めています。

札幌ラボの紹介

約350㎡のイーベック札幌ラボには細胞培養、遺伝子のクローニング、解析、抗体の精製に必要な機器が整備されています。セルソーター(FACS ARIA)は北海道の第一号機として導入しています。そのほか、シークエンサー、ビアコアT-200などの機器も整備されています。ラボリーダーのマネジメントのもと研究員・技術員の調整をはかりながら、日々開発に取り組んでいます。

  • アライアンスパートナーを募集しています。共同開発等に関する情報はこちら
  • 報道関係・メディアの方々へのご案内。メディア関連のお問い合わせ
  • 受託サービス開始しました。詳細はこちら
  • 株式会社イーベック
    札幌市中央区大通西6丁目
    三井生命札幌大通ビル8階
    TEL:011-231-1782
    FAX:011-522-5092
    URL:http://www.evec.jp/
    ■お問い合わせはこちらから
  • 科学技術政策担当大臣賞受賞しました。